Web研修会

難渋しやすい腰部神経障害性疼痛(腰下肢痛や痺れ)に対する分類に基づく評価と治療戦略

                       

この度、Northinspireでは5月にオンライン形式分類に基づく神経障害性疼痛(腰部・下肢)に対する評価と治療戦略というタイトルで研修会を開催致します。

腰部疾患や腰痛に伴い出現する腰部神経障害性疼痛としての下肢痛や下肢の痺れは原因が複雑であるため難渋することが多いです。今回は海外で確立されている神経障害性疼痛のClassification(分類)を用い、フローチャート形式で行う神経障害性疼痛の評価と治療方法を実技練習を中心にレクチャー致します。

腰部神経障害性疼痛に対して神経モビライゼーションを治療として選択されることがありますが分類の結果、神経モビライゼーションが適応外や症状が増悪するケースもあります。本研修会では講師自身による分類に応じた評価・治療のケーススタディーも学ぶことで、腰部由来の神経障害性疼痛に対し、原因を評価・分類するための臨床推論と治療の考え方を学ぶことができます。

オンラインセミナーにありがちな、講義スライドの読み上げ形式ではなく評価や治療の動画を豊富に用いてプレゼンいたしますので復習配信を見ながら実践練習しやすい構成です。

 

日程:52() 講習会10001300(ライブ配信)

*ライブ配信だけではなく当日の講義を録画した復習配信がありますので、

ライブ配信に参加できない場合、復習配信で学んでいただけます

参加費:4,000

講師:谷口 英一先生(Northinspire 代表) 認定理学療法士(運動器)

   マリガンコンセプト認定セラピスト 国際マッケンジー協会認定セラピスト

 

-以下のような悩みをお持ちの方におススメです

下肢痛や痺れに対して苦手意識が強い

神経障害性疼痛について知りたい

☑下肢痛や痺れのスタンダードな評価方法を知りたい

神経モビライゼーションの適用や注意点を学びたい

 

【当日の内容(予定)

神経障害性疼痛の基礎:疫学、病態、エビデンス、症例供覧

神経障害性疼痛の分類:中枢感作、圧迫性神経障害、末梢神経感作について

神経障害性疼痛の評価:LANSS Scale、姿勢観察、神経学的検査、自動運動検査、神経動的検査(スランプテストなど)、末梢神経触診

 神経障害性疼痛の治療:

末梢神経感作⇒ 神経モビライゼーション(滑走手技、伸張手技)

 圧迫性神経障害⇒除圧手技・椎間孔拡大のための徒手療法

セルフエクササイズ⇒末梢神経感作・圧迫性神経障害

 症例供覧:圧迫性神経障害、末梢神経感作、椎間関節由来の下肢痛(関連痛)など

質疑応答

*デモンストレーションと実技練習を行います

*新型コロナウイルス対策をしながら開催します(詳細はホームページをご覧ください)

 

【本研修会オンラインセミナーに関する注意事項、対面研修会との相違事項など】

受講費支払いはオンライン決済(PayPal)もしくは銀行振込をお選びいただけますので、申し込みメールの必要事項②にてお知らせください⇒申し込み後、振込案内をさせていただきます⇒支払い確認が取れた方は前日にZoom参加用URLを送付します

復習配信(終了後1週間予定)を行います。ライブ配信で参加できない方などは復習配信にてご視聴していただけます。終了後準備が整い次第URLを送付します。

*復習配信時には症例紹介部分など編集する場合がございますのでご了承ください

講師急病等により当日開催が出来ない場合、後日収録し録画視聴に切り替えます

申し込み人数に応じて、視聴はZoomではなくYouTubeに変更する場合がございます

進行状況に応じて終了時刻が前後します

スマホ、タブレットでも参加可能です⇒事前にZoomをインストールしてください

資料配布PDF(講義スライドを一部編集)で配布します(視聴用URLと共に前日に送付します)。お申し込み時にお伝えいただいたアドレスに送付しますのでPDFを開けるメールアドレスにてお申し込みください

 

お申し込みに際しNorthinspireホームページ、「セミナー規約」をご確認ください

メールの件名欄に「神経障害 オンライン」と記載してください

申し込みの際に教えていただいたE-mailアドレスへ返信いたします(yahooメールの迷惑メール設定等の確認をお願いいたします

 

各施設単位(職場共有アドレスからのお申し込みも不可)や連名での申し込みではなく、必ず個人のメールアドレス(可能な限り携帯電話のアドレス以外)でお申し込みください

 

 

氏名(フリガナも必須)、②支払方法(銀行振込 or PayPal)、③勤務先、④経験年数、⑤資格(PTOTなど)E-mailアドレス(お申し込み時に使用したアドレス)、⑦緊急時連絡先(携帯)、を記載しnorthinspireseminar@yahoo.co.jp

 

 

【触れずに痛みにアプローチ】

非特異的腰痛・急性腰痛・慢性腰痛・頸部痛の「セルフマネジメント」実践方法

 

この度、Northinspireでは5月にオンライン形式「腰痛・頸部痛に対するセルフマネジメント」というタイトルで研修会を開催致します。腰痛や頸部痛は、整形外科以外で勤務していても接する機会の多い愁訴ですが、身体的な要素以外にもストレスやうつなどの心理社会的な問題など様々な原因により痛みが生じるため、対応に苦慮することが多いです。また、セラピストによる直接的な介入により痛みが軽減しても、セルフマネジメントが上手くできず、再発を繰り返したり、長期化や依存化する事も多いです。今回は、腰痛・頸部痛に対する効果的なセルフエクササイズの実践方法を中心に姿勢や生活指導など患者自身によるセルフマネジメントの方法をお伝えいたします。

統一性や再現性のある適切なセルフマネジメントを行うために、マッケンジー法の視点や理論(評価法・分類法など)を取り入れ、患者の症状が増悪・軽減する姿勢や運動を基にした最適なプログラム立案方法をお伝えいたします。慢性疼痛ぎっくり腰といった、苦手意識を抱きやすい痛みに対する適切な対処法もお伝え致します。

座学だけではなく、一部実技練習も行い、セルフエクササイズのコツを体感し、講師自身によるケーススタディーを基に理解を深めることが出来ます。現在の社会情勢(コロナ禍)を考慮し、極力通院回数減少やハンズオンによる介入を控えたいセラピストにもおすすめの内容です。

*研修会中にリモート実技として一部セルフエクササイズ練習を行います

 

日程:54(火・祝) 10:001530(昼休みあり)ライブ配信(復習配信あり)

参加費:5,000

講師:谷口 英一先生(Northinspire 代表) 認定理学療法士(運動器)

国際マッケンジー協会認定セラピスト マリガンコンセプト認定セラピスト

 

以下のような悩みをお持ちの方におススメです

-腰痛や頸部痛の対応が苦手

-痛みの原因や評価が分からず、なんとなくマッサージやストレッチ、筋トレをしてしまう

-腰痛や頸部痛に対する効果的なセルフエクササイズを知りたい

-マッケンジー法に興味がある

-依存的な患者や受け身の患者に対する適切な対応を知りたい

-慢性腰痛やぎっくり腰に苦手意識がある

-極力通院回数や介入頻度を少なくしたい

 

【当日の内容(予定)

-腰痛・頸部痛に対するセルフマネジメントの重要性や基礎知識

腰痛・頸部痛の分類方法(マッケンジー法に基づく分類や心理社会的な痛み)

-マッケンジー法に基づく症状や原因に応じた最適なセルフエクササイズプログラム立案方法

-マッケンジー法を中心とした腰痛・頸部痛に対するセルフエクササイズ実践方法

-立位や臥位での体幹伸展運動を有効活用する方法(四肢の障害への応用方法含む)

-ぎっくり腰・慢性疼痛患者に対する介入とマネジメントのポイント

-座りすぎが身体に及ぼす影響(痛みや寿命)と対策

-腰痛・頸部痛に対する姿勢指導、生活指導

-講師による症例供覧(進行状況に応じて腰部脊柱管狭窄症、産後腰痛、頸部痛など)

*研修会中にリモート実技として一部セルフエクササイズ練習を講義中に行います

 

【本研修会オンラインセミナーに関する注意事項、対面研修会との相違事項など】

受講費支払いはオンライン決済(PayPal)もしくは銀行振込をお選びいただけますので、申し込みメールの必要事項②にてお知らせください⇒申し込み後、振込案内をさせていただきます⇒支払い確認が取れた方は前日にZoom参加用URLを送付します

復習配信(終了後1週間予定)を行います。ライブ配信で参加できない方などは復習配信にてご視聴していただけます。終了後準備が整い次第URLを送付します。

*復習配信時には症例紹介部分など編集する場合がございますのでご了承ください

講師急病等により当日開催が出来ない場合、後日収録し録画視聴に切り替えます

申し込み人数に応じて、視聴はZoomではなくYouTubeに変更する場合がございます

進行状況に応じて終了時刻が前後します

スマホ、タブレットでも参加可能です⇒事前にZoomをインストールしてください

資料配布PDF(講義スライドを一部編集)で配布します(視聴用URLと共に前日に送付します)。お申し込み時にお伝えいただいたアドレスに送付しますのでPDFを開けるメールアドレスにてお申し込みください

 

お申し込みに際しNorthinspireホームページ、「セミナー規約」をご確認ください

メールの件名欄に「谷口先生 セルフマネジメント」と記載してください

申し込みの際に教えていただいたE-mailアドレスへ返信いたします(yahooメールの迷惑メール設定等の確認をお願いいたします

 

各施設単位(職場共有アドレスからのお申し込みも不可)や連名での申し込みではなく、必ず個人のメールアドレス(可能な限り携帯電話のアドレス以外)でお申し込みください

 

 

氏名(フリガナも必須)、②支払方法(銀行振込 or PayPal)、③勤務先、④経験年数、⑤資格(PTOTなど)E-mailアドレス(お申し込み時に使用したアドレス)、⑦緊急時連絡先(携帯)、を記載しnorthinspireseminar@yahoo.co.jp