札幌開催 難渋しやすい腰部神経障害性疼痛(腰下肢痛や痺れ)に対する評価と治療

                       

この度、Northinspireでは3月に札幌で神経障害性疼痛(腰部・下肢)に対する評価と治療 ~運動器疾患編~というタイトルで研修会を開催致します。

腰部疾患や腰痛に伴い出現する腰部神経障害性疼痛としての下肢痛や下肢の痺れは原因が複雑であるため難渋することが多いです。下肢痛や痺れはヘルニアや腰部脊柱管狭窄症といった疾患に起因する特異的な症状や、末梢神経感作や神経の絞扼障害だけではなく、運動器疾患に伴い生じるものまで原因は複雑です。今回は上殿神経障害、梨状筋症候群、足関節捻挫や人工関節、肉離れといった運動器疾患に付随して出現し、慢性化しやすい症状を中心にレクチャー致します。

上記の症状に対して一般的な神経モビライゼーションができない場合や、神経モビライゼーションの負荷を漸増させる方法など実技練習を中心にお伝えいたします。

 

日程:321() 受付開始9:45 講習会10001600

会場:札幌市内(お申込み後お伝えいたします)  定員:8

参加費:8,000(当日徴収 お釣りのないように協力をお願い致します)

講師:谷口 英一先生(Northinspire 代表) 認定理学療法士(運動器)

   マリガンコンセプト認定セラピスト 国際マッケンジー協会認定セラピスト

 

-以下のような悩みをお持ちの方におススメです

神経障害性疼痛について知りたい

下肢痛や痺れに対して苦手意識が強い

☑運動器疾患に付随する下肢痛や痺れに対して苦手意識がある

神経モビライゼーションを使った治療を学びたい

 

【当日の内容(予定)

・神経障害性疼痛の分類

・運動器疾患に付随して生じる下肢痛や痺れについて

上殿神経障害、梨状筋症候群、足関節捻挫や人工関節、肉離れを予定(変更有)

・腰部や下肢運動器疾患に起因しない下肢痛や痺れの鑑別方法

・下肢痛や痺れの評価

・末梢神経触診(大腿神経、外側大腿皮神経、坐骨神経、脛骨神経、腓骨神経など)

・運動器疾患に起因する下肢症状の特異的なアプローチ

・神経モビライゼーションの基礎と応用

・自動運動併用神経モビライゼーション

・荷重位での神経モビライゼーション

・腰部術後の下肢痛や痺れに対するアプローチ

・進行状況に応じて、講師によるケーススタディー

*デモンストレーションと実技練習を行います

*新型コロナウイルス対策をしながら開催します(詳細はホームページをご覧ください)

 

お申し込みに際しNorthinspireホームページ、「セミナー規約」をご確認ください

メールの件名欄に「札幌 神経障害応用編」と記載してください

 

申し込みの際に教えていただいたE-mailアドレスへ返信いたします(yahooメールの迷惑メール設定等の確認をお願いいたします)

 

各施設単位(職場共有アドレスからのお申し込みも不可)や連名での申し込みではなく、必ず個人のメールアドレス(可能な限り携帯アドレス以外)でお申し込みください

 

 

氏名(フリガナも必須)、②勤務先、③経験年数、④資格(PTOTなど)E-mailアドレス(お申し込み時に使用したアドレス)、⑥緊急時連絡先(携帯)、を記載しnorthinspireseminar@yahoo.co.jp

 

 

【オンラインセミナー】 

難渋しやすく苦手意識を抱きやすい  

頸椎捻挫に対するリハビリテーション

 

この度、Northinspireでは4月にオンライン形式で頸椎捻挫に対するリハビリテーションというタイトルで研修会を開催致します。頸椎捻挫は、痛みや痺れ、頭痛やめまい、上肢の脱力や倦怠感など様々な症状を引き起こし、重症例では日常生活や仕事に大きな支障を来します。これらの症状の原因として、交通事故等による頸部への負荷により、機能障害が起こることもあれば、保険や補償問題、心理・社会的な問題が絡むことも多く、外来リハビリテーションにおいて難渋しやすい代表的な疾患と言えます。今回は豊富な解剖学(遺体解剖)の知識や外来リハビリテーションの経験を有し、クリニックでの事務長経験もあり保険制度にも詳しい、北海道文教大学 作業療法学科 金子先生に頸椎捻挫に対するリハビリテーションを包括的にレクチャーして頂きます。

 

日程:416()  20:302200 ライブ配信(復習配信あり)

参加費:1,500(支払い方法は銀行振込もしくはオンライン決済)

講師:金子 翔拓先生(北海道文教大学 人間科学部 作業療法学科 准教授)

作業療法学博士(札幌医科大学大学院)

日本作業療法士協会 認定作業療法士

国際マッケンジー協会認定セラピスト

 

-以下のような悩みをお持ちの方におススメです

☑頸椎捻挫後のリハビリが苦手

☑頸椎捻挫の痛みや痺れの原因を知りたい

☑痛みや痺れに対してなんとなく物理療法やマッサージをしてしまう

☑機能的に問題のある頸椎捻挫患者さんをきちんと治せるようになりたい

☑心理的な問題に対してもサポートできるようになりたい

 

【当日の内容(予定)

-頸椎捻挫の病態、改善しやすい頸椎捻挫や改善しにくい頸椎捻挫の特徴など

-自賠責保険など頸椎捻挫にまつまる各種補償制度の確認

-頸椎捻挫に対する評価(機能障害と心理面)

-頸椎捻挫に対する治療(徒手療法、運動療法、物理療法、セルフエクササイズなど)

-頸椎捻挫に対する生活指導のポイント

-心理的な問題を有する患者に対して円滑にリハビリを進めるためのコツ

-急性期や慢性期、重症例の頸椎捻挫に対するリハビリのポイント

 

 

【本研修会オンラインセミナーに関する注意事項、対面研修会との相違事項など】

受講費支払いはオンライン決済(PayPal)もしくは銀行振込をお選びいただけますので、申し込みメールの必要事項②にてお知らせください⇒申し込み後、振込案内をさせていただきます⇒支払い確認が取れた方は前日にZoom参加用URLを送付します

復習配信(終了後1週間予定)を行います。ライブ配信で参加できない方などは復習配信にてご視聴していただけます。終了後準備が整い次第URLを送付します。

*復習配信時には症例紹介部分など編集する場合がございますのでご了承ください

講師急病等により当日開催が出来ない場合、後日収録し録画視聴に切り替えます

申し込み人数に応じて、視聴はZoomではなくYouTubeに変更する場合がございます

進行状況に応じて終了時刻が前後します

スマホ、タブレットでも参加可能です⇒事前にZoomをインストールしてください

資料配布PDFで配布します(視聴用URLと共に前日に送付します)。お申し込み時にお伝えいただいたアドレスに送付しますのでPDFを開けるメールアドレスにてお申し込みください

 

お申し込みに際し当研究会ホームページ、「セミナー規約」をご確認ください

メールの件名欄に、「金子先生 頸椎捻挫」と記載してください

申し込みの際に教えていただいたE-mailアドレスへ返信いたします(yahooメールの迷惑メール設定等の確認をお願いいたします)

各施設単位(共有アドレスからのお申し込みも不可)や連名での申し込みではなく、必ず個人でお申し込みください

 

 

氏名(フリガナも必須)、②支払方法(銀行振込 or PayPal)、③勤務先、④経験年数、⑤資格(PTOTなど)E-mailアドレス(お申し込み時に使用したアドレス)、⑦緊急時連絡先(携帯)、を記載しnorthinspireseminar@yahoo.co.jp